リハビリ日記から半年が経ちました。

こんばんは。

 

実は先週「半年経ちましたよ」ってお知らせが来たんですよね。

 

わかっちゃいたけど、今就労支援施設で自分のチューニングが大変な感じでちょっと捨て置いた感じでした。

 

感慨としましては

「半年か、早えなあ…」

「半年か、長いなあ…」

どっちも。

実は漫然とルーチンをやってる分には半年って割と早いだろうことは想像に難くないですよね。

でも長いな、ってのは行きつ戻りつがすごく激しいリハビリの身なのでやはりそこんとこは長いなと感じてます。

あと自分の「理想と現実」の乖離にやられまくります。

時間と言う基準があるだけにそこに沿えない自分にガッカリしたりするんですよね。

結論から言うと自分が想像しているタイムスケジュール通りには、まあ追い付きません。

なので今後のリスクマネジメントも必要になるかも知れない。

まあ「生きてりゃなんとか」って考えられるようになっただけでも進歩かも知れないですし。

 

あとこの半年余りにデイケア並びに就労支援施設に通って強く感じたことは

「本当にいろんな状況の方々がいらっしゃるなあ」

ということです。

うつで休職とか、生まれながらに発達障害とか、仕事の訓練とかいろいろ皆さんはどう感じられるか判りませんけど、確実に言える事は「皆そこまでそれぞれの人生を背負って歩んできて今がある」ということです。

こういった場所には精神保健福祉士なる、いわゆるソーシャルワーカーさんという存在があるのですが、そりゃーもう大変なお仕事と思います。

見るからに塩梅のよろしくない人から一見全然大丈夫そうな人まで基本的には問題を抱えている方々です。

そういう方々の先々の少なくともこれからのお仕事の先鞭をつけるために奔走していらっしゃるんですね。

そういう二つの存在を強く意識しました。

 

こと私の患っている双極性障害みたいなのは一見元気に見えるフェイズもあるので、割とそれが「障がい」って判りずらいことは多々あるようですが、私より少し若い方の話とか聞いても本当にいわゆる「エピソード(専門用語です)」は様々で。

ただそれを「障がいだからなのだ」とどれだけ対処していけるのか、ということに専門職の方々は時にムカつきつつも(笑)真剣に向き合われておられます。

 

仕事がうまくいかない、生活がままならない。

精神障害ってなんだよ?!」

って思われるかも知れません。

でも当事者だって判っていたり、だからこそ上手くいかなさに苦しんでいることもあるんです。

 

あまり多くは語れませんが双極の人は叱られることも多いと思いますよ。私見ですが。

だってやんちゃだったりするから(笑)

 

でもそれは本当に「障がい」のせいなんだ、と取り組むことがとても大切なんだな、と。

 

私の決めているリハビリ期間はもうあまり残されていません。

これを過ぎると本当に野に下らなければならなくなります。

だから焦らず着実に取り組んでいく必要があります。

 

現実的に言えば9月の時点で私が何等かの仕事につくことができなければ、故郷の熊本に引っ込むことも止む無し、かも知れません。

デッドラインです。

 

おやすみなさい。