精神障害と「困ったちゃん」。双極性ヴァージョン。

こんばんや。

 

ここんとこ早朝覚醒が続いています。最初は抗生物質の影響で睡眠剤が効いていないのかと思ったら、どうもそれだけでもないのかな。

午前2時から3時、4時とかに目覚めます。

これまでは力技で二度寝してたけど、今日はどうにもダメで5時にはもう家をでました。でも疲れるわー。

 

ということで、表題。

最近NHK発達障害の特集があったらしく(すみません。観てませんが)話題になっているようで。

www6.nhk.or.jp

という訳なので発達障害の細かいことについては説明を省かせていただきます。

 

私も施設に通うようになって様々な発達障害圏の方々とお会いしてますが、本当に様々としか言いようがなく、ただ一様に言えるとすればコミュニケーション面において「何らかの」差異を感じられるということでしょうか。

良いとか悪いとかじゃないんですよ。差なんですよ。

突っ込んで言うなら、あえて「一般的」と言いますが世間で求められてる空気読むとか同調圧力とかそういう埒外にある感じとでも言えばいいでしょうか。

だからまあいわゆる「社会性」みたいな視点でとらえる時「困った感じ」が往々にしてあるというニュアンスでしょう。

 

社会性って言葉も改めて考えると面白い(可笑しい訳ではないよ)もんで、「あの人はああいう人だから」って一度受け入れられてしまえば問題なかったりもするんだけど、時折適応できないことが本人にすごく不都合をもたらす場合もあるのね。

 

「あの人は変わってる」

「あの人は難しい」

「あの人は判ってない」

「あの人は付き合いづらい」

まー、しょうがないでしょうが。周りに合わせられないんだもの。

この辺りは発達障害の方について特に言われがちなことです。

 

で、表題です。

発達障害の方の「困ったちゃん」度というのはNHKの当該番組を観て「そういうことなのか」と理解された方もちらほらいらっしゃるでしょう。

 

方や私も罹患している双極性障害っつうのがあって、改めて言うまでもないとは思いますが躁と鬱を繰り返す疾患なのねとは漠然と捉えられるけど、どうなの?

近年鬱状態についてはなんとなーく理解を得られてるぽいかなとは思いますがじゃあ

「躁」ってなあに?

って、意外とわからんものでしょう?どう?

 

学会の出してるいわゆる教科書的な資料が以下になりますので、もしご興味があればご一読あれ。

http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/sokyoku/pdf/bd_kaisetsu.pdf

この中から「躁状態」についての抜粋は以下の通り。

 

1) 気分が良すぎたり、ハイになったり、興奮したり、怒りっぽくなったり して、他人から普段のあなたとは違うと思われてしまう

2) 少ししか眠らなくても平気になる

3) 自分が偉くなったように感じる

4) いつもよりおしゃべりになる

5) 色々な考えが次々と頭に浮かぶ

6) 注意がそれやすい

7) 活動性が高まり、ひどくなると全くじっとしていられなくなる

8) 後で困ったことになるのが明らかなのに、つい自分が楽しいこと(買い 物への浪費、性的無分別、ばかげた商売への投資など)に熱中してしまう

 

以上。

 

これ、かなりマイルドな表現になっていると思いますけどこれだけでも結構「困ったちゃん」度は高いと思いませんか?

想像してみてください。

実際にこういう面倒くさいヤツが身近にいて実迷惑をこうむる場面というの。

一応双極性障害には重度の躁とされるⅠ型と軽躁と言われるⅡ型というのがあるのですが、受け止める人の度量によってもかなり幅があるんじゃないかと考えています。

例えば私も警察沙汰や病院沙汰があって「困ったヤロウ」だと即判断されてたら精神病院に叩き込まれていたと思います。幸か不幸か私の周りの方々は実に寛容であったというべきと考えます。

 

私ね。極身近な存在にも「あなたのソレは果たして病気のせいなのか、性格のせいなのか」と問われたことがありますが、そんなもん本人にも判らんて。

そしてというか反面というか更に困ることに、私の知ってる友人レベルの存在にも双極性障害を認めてる人もいるんですけど、躁状態の時に限って往々にして「それは病気のせいじゃない」とか「今自分の状態は悪くない」とかひどいのは「もう治った!」とか勝手に言いだすヤツがいてですね。

個人的には不都合を病気とか障害を理由にするよりよっぽどタチが悪い気がするんだけど。

 

「困ったちゃん」は誰かしらに何かしらの迷惑をかけるが故に「困ったちゃん」な訳だけど、実害をこうむる人とそうでない人でも見方が少し違うようでもあるのかなあ、という実感もある。「被害者」としての経験もあるので。

だからなおさら自分の「困ったちゃん」をコントロール、ってのが気が気ではない。でもそれが難しいから障害ってお話にもなってるという。

 

当該番組でもおよそ触れられているだろう(想像に難くない)、障害を持っているからといって能力がない訳ではないという論もあろうかとは思いますが、障害とされるが故に何か決定的に欠けていることも片方ではありありな訳です。

そのどこをみるか、というのもあるでしょう。

あとやっぱり何しろなんらかの「困ったちゃん」だから、それはすり合わせるしかないだろうと。

 

鬱病とか双極性障害のことを「気分障害」っていう言葉でいうんですけど、何故感情の障害ではないのだろう、と当事者として思うことがあります。

聞いてる方もどうですかね?障害とはいえ気分で左右されたらたまったもんじゃないと思いません?

 

私のもうすぐ70になる母親につまびらかに相談したときに、最初全然判ってなかったみたいだったけど、いい歳をした息子がそういうことになったというのを一生懸命理解しようとしたのでしょうか。言ってくれた挙句の言葉は

「今は多いみたいね。でも誰だってそういうことは病気じゃなくたってあるとよ(熊本弁)」

うん、そうだよ母ちゃん。でもな「程度もん、ってのがあるとよ」と心の中では思いました。

 

この曲の冒頭のしゃべりのサンプリング部分でも言ってます。

是非耳を傾けてみてください。

www.youtube.com

 

まあね。そうは言っても本人も身をよじるほど困ることもある時もあるんよ、ってことだけ言い添えて今日は終わりにします。

 

以上。おやすみなさい。

今日はよく眠れるといいなあ。