あらためて認知行動療法について。

こんばんは。

久しぶりになります。

 

前回ポストした問題については未だ解消をみた訳ではありませんが、それもそれで今回の考察につながることかとは思います。

 

さて表題。認知行動療法。CBT(Cognitive behavioral therapy)と呼ばれています。

リンクは貼りません。というのもこの療法にも色々な考え方や技法があるらしく、至極簡単に言うと「認知の歪みを矯正する」ということなのでしょうが、学会レベルでも異論もあるようで。

 

因みに私の履修しているメソッドはその中でも「認知再構成法」というものです。

哲学に興味を持たれて篤く学ばれた方や、そうでなくてもなんとなく文系学部の一般教養で哲学を履修された方は「ヘーゲル弁証法」という言葉をご存じあるかと思いますが、私が個人的に感じたのはアレかなあということです。

突っ込んで考えると弁証法自体も結構難物だけど、無茶苦茶簡単に言うと

「正・反・合」のアレです。アウフヘーベンへ向かうヤツです。

ごめん。説明が頭悪すぎて。興味があったら調べてください。

本当は細かいことを言えば、境界性パーソナリティ障害へのアプローチとして弁証法的行動療法 (Dialectical Behavior Therapy:DBT)

という特化したものもあるそうですが、個人的には基本は同じじゃないかと感じています。

 

例えば「何月何日何曜日何時何分、『こういうこと』が起こって私はイラッとしました」

で「その気分は、イライラ100%でした」とちゃんと数値化します。

そして、ここが心理療法的な部分と思いますが「自動思考」という考え方があって、これを明記します。

「私は『こういうこと』があったらイラッとするのは当たり前にちがいない!100%」とかとします。他の思考があってもいいそうですが、ホットワードを選びます。

そして「だってさ」って「根拠」を付けます。

「だってさ、あの人は私に『こういうこと』をしたから」

 

そうですねえ。『こういうこと』は私にとっては実に嫌だ。

 

で「でもさ」って「反証」を挙げます。自分の中で反論を試みる訳ですね。

「でもさ、あの人は私に対してだから『こういうこと』をした訳じゃないじゃん?」

「でもさ、別にあの人に限ったことじゃないじゃん?」

「でもさ、自分も別に近寄らなかったらよかったんじゃね?」

「でもさ、自分もそういうことする可能性なくね?」

どんどん反証を重ねて行きます。

 

そして「適応的思考」というところに結び付ける作業が続きます。

 

すごく雑に言うことをお許しください、と断っていきなり

「AだしBだけど、aだったりbだったりあるから、ゆえに『アウフヘーベン』」

 

どーん!

 

みたいに感じたのでした。

 

これ、断っておきますけど「心理療法」です。

これを毎日の生活の中で適用していくからこそ、「療法」足り得る訳ですが。

 

以下は精神の疾患とか障害とか全然関係ない見地で申し上げますけれども。

人間というもの、自らの考えの過ちを認めるということはなかなか辛いことでもあります。ただこれは「療法」なだけに、「あなたの生き辛さは、あなたの考え方の癖にもあるのだよ」と言っているのだということは判ります。

しかれども、ですよ。

結構大変ですよ、この作業は。

自分に起こる、ますもってストレスからくる不具合を自分の認知の歪みだと捉えてそれを「考え方を変換する」ことで回避して行こうってんですから。

実に哲学的です。だから向き不向きもあると思います。

 

明日「宿題」の提出期限です。

えーと、私のイラッときたことは…どれにしようかなあ。。

 

おやすみなさい。