強い立場の人でもメンタル不調になりうる可能性について。

こんばんは。お久しぶり

 

まず安心して?ください。

我が国のうつの障害発症率は6.5%と言われているそうです。

10~15人に一人はなる可能性があるそうです。

因みに双極性障害ってのは0.8%だって。

 

で、唐突ですがずばり表題。

 

「うつ」を発症する因子に人間関係というのがあります。

人間関係というのは良くも悪くも力関係というのが出てきます。

別に人間じゃなくたって、動物だってそうでしょうけども。

片やその力関係というのは状況によって刻々と変化します。

 

大きな会社で能力のある方が認められて異動になったとしましょう。

それまではある一定の「力」を認められてのことです。

でも、皮肉なことにその「力」が異動先で通用しなかったら?

 

仕事はできます、実績あります。コミュニケーションにも自信があります。

鳴り物入りで違う環境に入っていきます。さて、受け入れられなければどういうことが起こるか。

極端な場合だと「総スカン」ちゅう状態もあるでしょうなあ。

 

ある意味気の弱い人より深刻な気もします。

なんたって自分では気が付かないだろうから。

 

社会関係ってのは面白いもんで、立場が上だろうが下だろうが異物は排除される方向で動くと思います。

大河ドラマなんか見てても顕著にわかりますが、降ってわいてきたような殿様は衆生に信頼を得るための実績を作らなければならないのはサラリーマンドラマともそうそう変わりないような。

 

これは私見ですが、関係の中で強みを発揮してきた実績のある人ほど孤立に弱いのではないか、という仮説です。

「経営者は孤独だ」なんてどっかのビジネス記事で読んだような気もしますが、それじゃまずいんじゃないか?どうだろう。

 

逆に元から関係に於いて強みを感じないタイプの人は意外と「別の意味で」孤独に強い気がします。別に検証した訳ではないですけども。

 

すごく雑に簡単にいうなら「強気に出ても集団でシカトされたら手も足もでない」ちゅうことでかな。

 

自分のコミュニケーションの問題点を把握できないというケースは別に障害を伴わなくても結構深刻に社会生活に響くのかも知れません。

「それまでは問題なかった」とか「自分はこれでやってきた」という自負がある人ほど、そこに気が付くのは困難なのかも知れないなあ、なんて。

で、意外とそういう人が職場でクラッシャー上司だったりするでだろう皮肉。

 

私は多分そういうタイプではないので、他人事っちゃあ他人事ですが、大変だよそれはなあ。と。

 

まあ一般論として、感じたことを申し上げました。

 

以上です。おやすみなさい。