読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大丈夫?大丈夫じゃない?

こんばんは。

 

えーと。今日もいろんなこと考えたんですけど。

というか、「!」って思った出来事もあったんですが如何せん口外できない歯がゆさというか。

でも、そういうこととちょっと関係があることを一般化して書いてみましょうか、というチャレンジコーナーです。そもそもこのブログそのものが(笑)。

 

「大丈夫」という言葉があります。

そもそも

大丈夫(ダイジョウフ)とは - コトバンク

コトバンクによると、そういうことです。

 

さて、この言葉を使うシーンを思い浮かべてください。

 

「大丈夫ですか?」

「はい。大丈夫です!」

 

多分ですけど、そういう時に限って本当に「大丈夫」なのか誰も保証できていない状況のような気もしますが、いかがでしょうか。

 

結論から言いますが自己判断による「大丈夫」は、大体「大丈夫じゃない」んじゃないでしょうか。

 

そもそも今の私の状況も包めて、「大丈夫」じゃないからリハビリしてるんですよね。

そもそもその判断が効かないから、つい「大丈夫です!」って何の根拠もなく言っちゃうんじゃないのかな。

 

大丈夫って言葉の危うさ。

多分冷静な判断が効けば問題点を発見できるだろうから、すぐさま大丈夫って話にはならないだろうなと。

 

自分で大丈夫って言っちゃうこと自体が大丈夫じゃないよな、なんか。

 

皮肉なことに人はギリギリまで頑張ろうとするのじゃないかなと。だから根拠もなく大丈夫!って根拠もない太鼓判を自分で押してしまうのかなって。

大丈夫って言い切るときは危険信号なのかも、って改めて思いなおしてみるとどうでしょうか?

 

頑張る意欲、頑張りすぎる現状、頑張れない事態。

でも、なんか「大丈夫」って言っちゃう人。

だめだろうな。大丈夫な訳はないよね。大概の人は大丈夫じゃない気がするの。

 

そこで。

いつでも人の手を借りる準備をしておくこと、人の助けを呼べる準備をしておくこと、そういう素直さを身に着けること。

大丈夫じゃないときの備えをしておくことが、大切なのかなあ。ってねえ。

 

大丈夫って自分で言っちゃうのって、孤独を選んでいるような気もするの。

私もそうでした。自分まだ行ける。判断できる。

ダメだったよ。そんなんじゃ、ダメだったよ。やっぱりというか気が付かなかった。

 

「ごめん。大丈夫じゃない。これお願い」って言える方が判断効いてるよね?

 

上手にお願いできること。これもコミュニケーションスキル(あんまり好きな言い回しではないけどねw)かも知れません。

 

大丈夫でいるためには、協力を上手に仰げることが大切ですね。

それを失うことは、やはり病的な状況と言わざる得ないのかなあ。

だとすれば、そういうことは実に身近にゴロゴロ転がっているよ。

 

この歌でも歌っていますが、「大丈夫」って言葉は自分で宣言する言葉ではなくて、人から支えられるときにかけてもらう最強の励ましなのかも知れませんね。

www.youtube.com

 

れいごとじゃないよね。

大丈夫じゃないよ。大概。

 

以上です。