読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甘えなのかな。近しい存在の人の「高EE」について。

ども。

 

最近身近な人間関係があまり思わしくないです。

理由は明白で私の態度がよろしくないからです。

病気を理由にしたくもありませんが(その時点でむかつく向きも多いですから)、私の躁傾向というのはどちらかというとハッピー躁というよりアングリー躁に属することが多いようなので。

 

表題に挙げました高EEというのがありまして。

seseragi-mentalclinic.com

 

読んでいただければわかると思いますが、要は家族や周囲の方の感情表出のレベルが高すぎると疾患者は再発を起こしやすい、ということだそうです。

 

でもさあ、相手がエラー起こせば頭にも来るよね。人間だもの。

そりゃあ私はうたた寝してましたよ。料理も焦がしましたさ。(詳細は略)

怒るんでしょうよ。虫の居所でも悪ければ。

 

で、こっちの症状は判りやすいくらい「どーん」と出現します。

 

どうしろっていうのさ。

だいたい家族や友達は病気の専門家じゃない訳だし、普通に近しい人間と接していればそりゃ怒ることだってあるでしょうよ。

でも「高EE」はなんちゃら、っていうのさ。専門家は。

 

実際双極性障害の方の場合、自分も含めて離婚しちゃう人ばかりです。

あと友達から距離を置かれる、だけならまだしも絶交されちゃう事態も。

個人的に思うんですが「この人はそういう精神の病気だから我慢しましょう、大目に観ましょう」なんてなおためごかしというかきれいごとでしょうよ。

むかつくだろう、そりゃ。私だって当該疾患の友人にむかついたりしますもん。自分の事は棚に上げた挙句。

 

うーん。

「私は病気だから理解してね。だからあなたはあまり感情表出(つまりむかつくな)しないでね」

とても本人からの説得としては無理がある気がします。

 

ときに別件で書こうと思ってたんだけど、こと双極性障害については日常生活における刺激的な出来事というのが、あんまりよくないそうです。

それはネガティブな出来事でもポジティブな出来事でも同様なようで。

なんだよ、そんなつまらん人生を送らないといかんのか、とも思いましたが、そういう事をトリガーに病気が悪くなるそうなんです。

困ったもんです。

 

人間は感情の生き物です。

自分の刺激をコントロールしようが、人間社会で生きている以上他の方々の感情にはそれなりに左右されるはずです。

まして精神の病という形で不完全な状態とはいえ、エラーを起こせば叱られる場面だって待っていることでしょう。

でもそれで一時的にせよ悪化したりする訳。どうすんだよそれ。

 

概ね精神疾患にはストレス耐性の弱体化がセットになって問題になることが往々にしてあるんですが、健常な状態の方だってストレスにさらされることは普通にある訳で、精神病んでる奴らだけ「特別扱いにしろ」ってのは納得いかんだろうというのは想像に難くない訳です。

 

私は最近、そういう事に悩んでいます。

 

以上。