読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思いは、人、それぞれ。

んちゃ。今日は用事があったのでデイケアお休みしました。あしからず。

 

昨日かいたネタに反応があったので。

え?ともだち?だれ?オッサン呼ばわりってなんだよ!(まあ自分でオッサン言ってますが)

あー。正体はわかった。よしよし。

で。

to-shi-tsu.hatenadiary.jp

うー。

これね。

実はこれは結構踏み込んだ話だと思ったね。

実際私の立ち位置でこれを言うにはなあ、という感覚でもあっただけに、興味深い、というよりここにある意味での本質もあるのかんね。とも思いました。

 

私はやんわり言ったつもりでした「ダイバーシティ」とかね。

でも、もっと直接的にいうなら「嫌な奴はどこにだっている」。まーこれが結論か。

 

だから私はダイバーシティという言葉を無理やりにでも使ったんですがね。無理やりにでも。

 

そういう件に関してはもはやデイケアだろうがへったくれだろうがあんまり関係ないかな。

もう一度言うか。「嫌な奴はどこにだっている」

 

でもさ、ここをなんとかクリアしないことには「社会参画」ってのが、難しいって話なんでないかなあ、ともね。

世間、んー、娑婆?は善人だけでできてる訳じゃねえしな。

 

精神的にあれこれ、以前にそういう問題はね、あるね。あるあるあるある。

ただ、精神的にあれこれあると、これが劇的に難しくなるという側面もある。だからこそ、これを病気だからな、っていうのだろう。だろうか。

 

これを書いた彼は結びにこう言っています。

今でも軽蔑しています。あのたった一人を。

 

よっぽどむかつくヤロウがいたんだな。

じゃ、正直に言おうか。俺だって、「なんだあいつ」っての、いなくはない。

だけど、そこまで憎しむのかもちょっとよくわからない、というのが正直な感想。

 

病気病気言いたかないよ。でもね。

「クソ下らん、あいつ、超むかつく」

これは病気とはあんまり関係ない。よな、たぶん。

 

この人の書いてる内容を読んでもわかる通り、「病気があんまり関係ない」要素もある。あるからね。

 

であれば、それは娑婆でも同じこと。

 

以上