DUBの武器を置いていくよ。

ちす。

昨日、ダブ(DUB)のこと、話しました。

まあ、参考にそのダブをするにあたって最高の武器があるので紹介します。

 

www.youtube.com

 

こういうマシーンがあります。

 

以上。

あらためて、DUBについて。

こんにちは。

 

夏至を過ぎたものの日が長くなったなあ、って感じですね。この時間でもあちい。

 

今日はお病気のことについては書きません。

もう「リハビリ日記」は終わったしね。

 

今日は音楽のことについて。

そもそも「ダブってなんじゃらほい」という方ばかりと思います。一応Wikipedia先生によると

ダブ - Wikipedia

はっきり言ってこの説明もなんじゃらほい、じゃなかろうか。

ものすごく簡単に言うとですね、ジャマイカって国で70年代にレゲエって音楽のスタイルが生まれて、そこから出てきた「音響処理の技法」のことを言います。狭義では。

もっと簡単に例を挙げるなら、そのレゲエのカラオケ?や歌のトラックに対して過剰にエコーをかけたりチャンネルを不自然なタイミングでオフにしてみたり、ともかく一見デタラメに聴こえるミックスをするのです。

とりあえずそういうもんだ、と思っておいていただければ。

 

で、実はこの技法は古いレゲエのレコードだけでなく色々な場面で用いられる技法となります。ジャンルとかも跨ぐのね。でも主に電子化されたダンスミュージックに用いやすい手法として。

 

私の話をします。

私自身は80年代に10代を過ごし、割とこの技法を用いた音楽を意識せずに享受していましたが、これを本格的に意識するようになるのは意外と20代前半になってのことでした。

当時、Coolspoonというバンドに所属していた頃です。

www.youtube.com

もっといい例もあるでしょうけど、自己紹介も含めてってことで、手前味噌で申し訳ない。

とは言え、1992年くらいの代物ですからもう25年くらい前のものですが実はこの貼った曲にもDUBの技法が用いられています。

 

このバンドを離脱した後、私はナイトクラブのハコ付きPAとして1年半くらい仕事することがありました。

その時にいわゆる「サウンドシステム」という考え方が主体となってくるのですが、ここで大きな出会いがありました。

スカ・フレイムスのキーボード奏者として一応は存じ上げていた長井政一さんことMighty Massaの"Tribe Works Sound System"でした。

www.youtube.com

コレだけではDJ(レゲエではセレクタと言いますが)と他の取り巻き(レゲエではむしろマイクを持ってる人をDJと呼びます)の背中しかみえませんが…

んーとね、スピーカーの規模感としてはこんな感じ。

https://a2-images.myspacecdn.com/images02/103/1a2684fc07224e31a221af4524986a3e/full.jpg

 

コレが「3ユニットくらいある」と考えてください。

岡本太郎画伯ではないけど「なんだこれは?!」な規模です。

で、これをイベントの度に10人~20人くらいになるクルーが運んで、セッティングしてやる訳。

本当は「この源流はどうちゃら」みたいな話もしたくなってきましたが、それは別に譲るとして。

長くなりそうなので色々はしょります。

 

結論めいたことを言うと最近の私の発想はこの辺に戻りつつある、という事。

30代の10年くらいしばらくは今人気者になってる某作家とタッグを組んでデジタル打ち込みダブを試みていた、んだけど私の方が一方的に目的を見失って乗り上げてしまったんです。

 

でも、どうにか考え方の囚われが取れつつあるというか。

ダブって面白くて、アウトプットまでダブなんです。手法ですから。

パッケージの楽曲本位に拘ってしまって身動きが取れなくなっていたことに気がついた。

ネタばらしになるんだけど、それを気がつかせてくれたのは「音楽療法」におけるドラムサークルというセッションでした。

ダブが音響技法だということに囚われすぎていた。セッションでいいんだ、って。

 

で、昨今。物々しく「Dubstruct (Not) Therapy」なる謎の仮想概念集団(楽団ひとり)を仮定して、引きこもりダブ実験工房を宣言してみたんですね。

Youtubeにも挙げてるんだけど、まだご紹介には至らないかなあ、で今回は割愛。

 

今日はなんでこんなお話をさせてもらったかというと、誰かに聞いて欲しくて。

あんなに塩漬けになってた自分の煮凝りが、少し氷解しつつあることについて。

 

そう。DUBは作品じゃない。即時的な表現、すなわち「生き方」にもつながっている。

だからミュージシャンでもないんだなあ。

今私の状況の都合で「引きこもり」を宣言しているけど、目標は他の誰かと一緒にダブセッションを形成することです。

 

でも一人でもダブはできる。これは経験に裏打ちされた自信としたい。

もちろん、仲間と合間見えるまでの実験と戦いになるだろうけど。

 

形式とか少し固まってきたら、このブログにも動画誘導したいと考えています。

セラピーを意識してるけど、セラピストじゃないので法に触れるから(Not) Therapyなんです(笑)

 

この辺の話はまた改めてしようかしら。

JAH~ねー!!

 

※文中、「DUB」と「ダブ」という表記が混在したことを、少し心配したけど、それこそダブだわ、と思った次第にして謝りません(笑)

心のままに…?

こんにちは、で、まだいい時間かと。

 

昨日映画を観ました。「心のままに(邦題)」Mr. Jones 1993 America, Tristar

主演、リチャード・ギア レナ・リオン

ツタヤにも置いてなかったし、仕方なくYoutubeレンタル扱いで観た。

ググっても本当に情報があんまりないんだけどWIkipedia一応貼っておきます。

心のままに (映画) - Wikipedia

 

単刀直入に言いまして「双極性障害」患者を主人公とした映画です。

製作総指揮にもギアが名を連ねているところを見ても並々ならぬ思いは感じました。

 

観ていても6割くらいの「あるある感」を持ちました。

後の4割は

リチャード・ギアだからな」2割

「お前、それはないだろう」2割

くらいだから、かなり実情に則した描写だったんだろうなと。

 

なんかね。友達のメンタル疾患(病名を知らない)から「心温まる映画だから」と勧められて、だったんだけど。

「全然心温まらねー」

っていうか、躁鬱者の「Manic」と言われる状況はそれはそれは楽しく迷惑なことだと言うのがかなりスレスレな感じで表現されていて。

で、唐突に「悲しい(泣)」とか言って鬱になるとか。

まあ普通の感覚で接していたら「いい加減にしろ」って言われます。

でもリチャード・ギアが演じているせいもあり、モテたりする(笑)

でもね少しネタばれになっちゃうんだけど、大工の現場でそもそも問題行動を起こして…ってのがあるんだけどそこで仲良くなったブラザーが心砕いてくれたりする訳。

キチガイじみてるけどいいヤツだ、ってそのブラザー家族が感じることが、ここで生きてくるの。

最終的に回収する女性精神科医のキャラについては触れないでおきます。それ言ったら本当にネタばれだから。

 

毎度のことながら映画邦題のセンスのなさとプロモーションの甘さってのを思うけど、これは当事者関係者には観ておいて欲しいかな。

気になるのはアメリカ特有な精神疾患者を一種の「狂人」扱いしてる描写が気にはなったけど。

 

現実はこんなもんじゃないだろう、と思いながら観てはいましたがリチャード・ギアの考える双極性障害者というのを色々考えました。

極端ではあるが、どこかで頭の回転はよくセンシティブでもありチャーミングでもある。でも破壊的、暴力的、見境がない、それが鬱に向くと全部自分に向かってしまう。

 

そういうことが生々しくキッチリ描かれていて、切なかったです。

 

私はこうなのか?どうなのか?ええ?ええ?って思いながら観てました。

やっぱりというか、最後は涙を禁じえませんでした。

え?だってドクターが(以下略

 

ご興味があれば是非おすすめします。

なんだか知らないけどYoutubeには英語編のFull movieがまだアップされてるようで、いいのか?

www.youtube.com

英語に自信のあるかたはどうぞ。

 

店舗レンタルは少ないみたいだけど、私のようにYoutubeとかでオンラインとかでも有料視聴もできます。

 

リチャード・ギアってところが、ずるいよなあ(笑)

 

ではね。

 

 

あらためてジャコパス伝説について調べてみましたら。

こんばんは。

 

今日はですね、えと最後から2回目の失業認定日(給付のための)ということでハローワークへ赴いた後、区役所で「誰も相談に乗りたがらないだろう相談」をして来ました。

 

いやー。映画って本当にいいものですね!(意味不)

 

さて、表題の件について。

かの稀代の天才ベーシスト、ジャコ・パストリアスが「双極性障害」であったことは前ポストの通りです。

で、WIkipediaをはじめ「薬や酒におぼれました」とか「ホームレスになりました」とかってのは代表的なトピックとしてあるのだけど「もっと奇行があるだろう」と調べていたら、こんなページに行き当たりまして、この内容がなかなか「グッと来る」ものがありました。

www.jacofan.com

 

まあ、ちょっとでも興味が沸いたら是非とも読んでくだされ。

主に来日時のエピソードが中心なのも生々しい。

例えば見出しだけでも

新幹線マジック黒塗り事件

日本で坊主頭になった

パンツ一丁のサウンドチェック

いわゆるベース池ポチャ事件

上半身ハダカで来日

泥まみれのステージ in Japan1984年)

 

まあ、およそ「意味不明」なことで…

 

私ゃあらためて思ったんですけど、こういう行状はジャコ・パストリアスという人が

「天才であったから」なのか

双極性障害であったから」なのか

全然切り分けがつきません。つーところです。

 

実は私の比較的身近な存在にも「双極性障害」を宣言している人、それと思しき人等々、音楽分野でいることはいます。

で、結構そういう方々はどっちかというと「奇行」と言っていい行動を目の当たりにしてきました。

で。

そういう、人のやってることは「困ったもんだみん」とか言って観てきた私ではありましたが、こと自分のことと翻ってみると

「オレとヤツらの、何が違うのか」

と言う思いを抱かざる得ない場面というのもあります。大概は「振り返って分かること」という種類のことが多いのですが。

 

奇行、すなわちおかしな行動ですね。

笑って済ませられる範囲なのか、どうなのかということになるんだと思うんですよ。

特に利害を迫られる存在だったりすると。

でもね、これ、本人は本気で信じてやった結果が「2階から飛び降りる」とか普通だったりする。(いろいろ調べたら双極性障害の人は死ぬ願望とか別にどっかから飛び降りたりするエピソードがあります)

 

怖くね?

 

まあちょっと気になった方はジャコの伝説、読んでみてください。

これが双極性のせいなのか、はたまた天才が故なのか、私には分かりません。

 

あー。悪夢を見ませんように。

 

再就職のリアル、現実の厳しさをみた。

こんばんは。

 

リハビリ日記を撤回しといて、いきなりリハビリ系の話で申し訳ないですが…

私も意識的にリハビリ状態になって半年あまり、就労評価も経て自分の目算より少し遅れている感もあって2ヶ月前くらいから焦りを隠せませんでした。

それが裏目に出て、心身に変調をきたす事もあったりで本末転倒なこともありました。

でも、ともかく焦っていた。だからできる限り凹んでも早くリカバリできるような状況を作り上げたかった。なりふりかまってられません。

 

でも専門機関の担当者さんに判断を預けていることもあり、評価を経て次のステップに進まなければなりません。

焦りますが仕方ありません。一人でやってもダメなことを公的サポートを得て進もうと決めたのですから。

 

で、表題のことなんですけど。

相変わらず詳しいことを言えませんが、この件については詳しいことが判らないからそれはそれでいいかと。

ざっくりですが私が短期でお世話になった施設にいらっしゃったちょっとベテランの方が内定を得て研修が決まって2週間くらい経ってたまたまお会いしたので声をかけたところ

「ダメだ」

と。

私から見ても全然大丈夫そうな状態の方だったにも関わらず、です。

もうこれ以上は言えません。

 

この件を得て、私は2つのことを考えました。

「現場から、というか仕事社会から長くブランクがあるとはどういうことか」

また

「環境の変化への適応にどれだけエネルギーを使うのか」

ということ。

 

実際私自身も短期の就労評価を受けるにあたって、それまでデイケアにいたところを突然作業環境に移行するという環境変化にかなり、です。かなり影響を受けました。

1ヶ月限定だ、と頭では判っていてもです。

 

正直、私は社会復帰というか再就職に焦っています。

だけども…

 

厳しいと感じました。

日常生活のリズムや作業環境に慣れたとは言っても、リハビリはあくまでもリハビリであって、温かろうが出鱈目だろうが「娑婆」には娑婆の空気が流れている訳で。

 

その人は幸か不幸か2週間くらいで危険に気づいたことを良しとすべきかも知れません。

 

私は…うーん、どうだろう。

娑婆に漕ぎ出してみないことには、どうにも判りません。

 

開き直るっきゃねえのかなあ…

 

今日も9時半にはおやすみなさい。

ブログタイトルを変更しました。

こんにちは。

 

表題の通り2017.07を以ってブログタイトルを変更しました。

よろしくお願いします。

 

現状の私と言えば、就労支援施設での評価期間を終えたばかりで未だデイケアに籍を置き、担当職員の見立ての上で動いている以上「リハビリ」期間を終えたことにはなっていないのが実情なのですが。。

ただ今日この日が契機の一つなのは、1年前に「再失業」した日ということもあります。

 

細かいことは割愛しますが、私の状態は3年前時点の失業を持っていわゆる「失業うつ」という形で劇症化します。本人も周りも気がつかないというかあまり問題視しませんでしたが、その後の一時的就職を以ってしても改善しないことで結果初めての本格的リハビリという形をとったという経緯がありました。

 

翻って実感せざる得ませんが双極性障害、いわゆる「躁うつ病」の分かりにくいところというのは「波があること」そして「混合状態があること」です。

そして精神疾患の多くに見られる状態の、何らかの社会的不適応を引き起こす合併障害の問題です。

 

タイトルに関した「ジャコ・パストリアス」という人は私のベースの神様の一人なのですが、この人も同じ障害だったそうです。以下Wikipediaですみませんが。

ジャコ・パストリアス - Wikipedia

 

ここで結構重要なのは、この人ももちろん鬱にも苦しんだでしょうが問題は「躁状態に於いての行動」がトリガーになって怪我して死んじゃったところです。

病気が原因で死んだという訳ではない、ってことね。

 

躁状態とは何ぞや?

 

これが当事者にとっても一番厄介な問題であるのです。

少なくともWikipediaに記載されているジャコの動向を読んでもハッキリ言えば「基地外のご乱心」なのね。

 

なので単極的なうつ病とまったく異なる留意をしなければならない障害であることが、少しお分かりいただけますでしょうか。

 

私自身としては、まだ厳密に言えばリハビリの域を脱した訳ではないかも知れません。

しかし、世知辛いことに現実問題としてこの7月から8月にかけて何らかの就労機会を得なければ現実的生活が破綻、、うーん。

書きかけて思ったんですが、たぶんそれは回避するでしょう。全力で。

でも微妙なのは、今お世話になっている専門機関は決して焦ることを良しとはしない立場なのですよね。良くも悪くも。

精神医療保険の専門家が「あんたまだ早い」と言って足止め食らってる人、いみじくも沢山見ましたし。

でも、私はこの7月で無理やり卒業する所存です。よくしてくれた施設のスタッフさんたちには心苦しいけどそれが私の現実なので。

 

たぶん3年前、2年前、1年前、半年前よりはマシになってると思うから。

 

www.youtube.com

 

私はどんな楽器をやってもヘタクソで、こんなスーパーマンには憧れるばかりだけど。

でも、彼の教えてくれた姿勢や魂やいろいろ、自分なりに何かしら消化できたらと考えています。同病相憐れむ、いい意味で(笑)

 

そんな訳で、ジャコ・パストリアスによろしく。

アディオス・アミーゴ!

 

就労支援、短期評価コース終了の件。

こんばんは。

 

スケジュール的なご報告だけでもと思いまして。

表題の通り、就労支援施設での1か月の「短期評価」というあり方での通所を本日にて終えました。

 

短いようで密度の濃い時間でした。

現実的にはやってたことは、皆さんにイメージしやすい言い方だとバイトとかパートとかでよくあるような軽作業です。

ただ大きく違うのは、常に専門家に観察評価されている状態だということです。

 

まあ、自分では自覚できない形でのストレスが相当あったようです。ここの担当さんともデイの担当さんとも話しましたが。

現場を離れるということは、それだけの意味があるのだと。

 

今週後半は負荷を少し低めにしようとは思いますが、リズムとペースは維持しなければなりません。

明日は早速朝からデイケアの担当さんと今後の作戦会議?です。

 

今日もわらコラみたら風呂入って寝るよ。

じゃね。